肩こりの知恵袋TOP »  肩こりと頭痛 »  放っておくと危険な頭痛

肩こりと頭痛 情報一覧
肩こりからくる頭痛は危険
緊張性頭痛
片頭痛
 » 放っておくと危険な頭痛

放っておくと危険な頭痛

■放っておくと危険な頭痛

頭痛といっても、その症状はさまざまです。中には放置すると命にかかわる危険な頭痛もあります。
痛みが激しくても、必ずしも危険とはいえない頭痛もあれば、逆に痛みが軽くても、そのまま放置しておけば命にかかわるような頭痛もあります。
痛みの程度だけでは危険度の判別はできません。いつもと違う頭痛だと感じたら、病院で医師の診断をうけましょう。

□あなたの頭痛は危険?安心? チェックしよう

頭痛には「命をおびやかす危険な病気」が潜んでいることがあります。これらの病気には、いつもと違う頭痛を発症するという特徴があります。
特に注意すべきなのが、以下に示すような特徴です。「いつもと違う」「なにか変だ」と感じたら、すぐに病院へ行きましょう。

危険な頭痛の特徴

危険な頭痛の特徴

 

□危険な頭痛とは

頭痛を発症する危険な病気としては、くも膜下出血、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫、髄膜炎、脳炎、などがあります。
それぞれの特徴、判別のポイントは次の通りです。

重篤な頭痛をきたす病気の早期発見・治療のためには、こうした症状を見逃さないようにしましょう。
早めに受診することが大切です。

ページ上部へ