肩こりの知恵袋TOP »  肩こりと頭痛 »  肩こりからくる頭痛は危険

肩こりと頭痛 情報一覧
 » 肩こりからくる頭痛は危険
緊張性頭痛
片頭痛
放っておくと危険な頭痛

肩こりからくる頭痛は危険

頭痛といっても、その種類はさまざまです。肩こりと同時におこりやすい頭痛は、「緊張型頭痛」と呼ばれています。また注意したいのが、放っておくと危険な頭痛です。命にかかわるシグナルとして頭痛を発症することもあります。
ここでは、一般的な頭痛と危険な頭痛について解説していきます。まずは、頭痛を知ることから始めましょう。

□あなたの頭痛は大丈夫? 頭痛の種類を知ろう

頭痛の原因は大きくわけて、「症候性頭痛」と「機能性頭痛」に分類されます。

症候性頭痛

原因がはっきりしている頭痛。
脳腫瘍やクモ膜下出血、慢性硬膜下血腫という、早急に治療すべき病気によっておこる頭痛です。また、髄膜炎などの感染による頭痛、眼疾患(緑内障)による頭痛などがあります。

機能性頭痛

CTなどの検査ではっきりとした異常が認められない頭痛。
ほとんどの慢性頭痛は、このタイプです。機能性頭痛には「緊張型頭痛」「片(偏)頭痛」「群発頭痛」などがあります。

緊張型頭痛

緊張型頭痛この頭痛は、頭痛の出る前に肩こりが生じ、そのまま頭痛になるケースが多くみられます。
また精神の緊張によってもおこります。
痛みの特徴は、後頭部から肩にかけて痛みが出たり、頭全体にしめつけられるような痛みが出ることがあります。片頭痛のような吐き気は伴いませんが、体のだるさ、眼の疲れ、めまいが伴うこともあります。
原因は、筋肉内の緊張によって筋肉に老廃物がたまってしまうことです。まずは筋肉を動かして血流を回復させることが大切です。

筋肉が緊張する原因には、次のようなことがあげられます。

デスクワークやパソコンを長時間使っている人、家事・育児・介護などで同じ姿勢を長時間持続しなくてはいけない人は要注意です。

片(偏)頭痛

片(偏)頭痛周期的にこめかみや眼を中心にしておこる拍動性(ずきんずきん、ガンガン)の強い頭痛が特徴です。ときには、吐き気や嘔吐、めまい、においや光に過敏になるなどの症状を伴うことがあります。
頭痛の前に、視野に閃光を感じて、視野の一部が見えなくなる「閃輝暗点」という前駆症状が出ることもあります。
この頭痛の原因は、脳の血管が拡張することでおこると言われています。

群発頭痛

20~40歳代の男性に多く見られる頭痛です。強烈な激しい頭痛が、片側の眼の奥や眼の周囲、側頭部におきます。頭痛と同時に、眼が充血し涙が出たり、鼻がつまって鼻水がでたりという症状が伴うことがあります。
いったんおこると1~2ヶ月毎日のように続き、その後何事もなかったように頭痛がおさまるという形式をとります。季節の変わり目に年に1~2回、数年に1度などの周期で再発します。
はっきりした原因はわかっていませんが、片頭痛と同じように、血管の拡張によりおこる頭痛と言われています。

*人によっては、片頭痛と緊張型頭痛を両方とも持っている人も多くいるようです。

□肩こりからおこる頭痛は危険?

肩こりからの頭痛(緊張型頭痛)は、命に関わるものではありません。
この緊張型頭痛の特徴は、慢性的な頭痛で、頭に重い痛みがしつこく続きます。
頭を支える筋肉の緊張が高まり、血流が悪い状態が続くことでおこると考えられます。この頭痛の出る前に、後頭部や首筋から肩にかけてハリやコリが生じ、そのまま頭痛になるケースが多く見られます。

筋肉の血流が悪くなる原因には、その人の性格やライフスタイルが影響することがあります。日常生活を見直し、悪い条件を改善することで、薬に頼らずに頭痛が改善されることもあります。

ページ上部へ