肩こりの知恵袋TOP »  肩こりの治療 »  胸郭出口症候群

胸郭出口症候群

■注意したい肩こり

□胸郭出口症候群

「胸郭出口」とは、「鎖骨」と「一番上の肋骨(第一肋骨)」と「斜角筋」がつくるすき間のことです。

胸郭出口症候群とは、胸郭の出口周辺の神経や血管が、骨や筋肉の変位によって圧迫され、首・肩・腕の痛みを引きおこす病気です。

なで肩の人に多い病気といわれています。

症状の特徴

胸郭出口症候群肩から首にかけての痛みやしびれ、腕や手指のしびれ、重圧感、疲労感、冷えなどの症状があらわれます。
手を上げたり重いものを持つと、痛みが増すのが特徴です。

原因

心臓と腕を結ぶ血管は、肩付近にある「胸郭出口」を通っています。首や肩周辺の組織が変形したり、炎症をおこすと、この胸郭出口が狭くなって、血管や神経が骨や筋肉によって圧迫されてしまいます。この神経の圧迫が、首・肩にかけての痛みやしびれ、肩こりなど、さまざまな症状をおこしてきます。
「なで肩」の人や、腕の神経や血管を圧迫するような姿勢を長時間とる人は、この病状がおこりやすくなります。

治療法とは

筋力をアップさせる運動療法が中心です。また温熱療法や、消炎鎮痛剤、筋弛緩剤などの薬物療法、症例によっては神経ブロック療法を行なうこともあります。
神経ブロック療法とは、麻酔剤を注射することで、一時的に痛みを伝える神経の伝道路をブロックする治療法です。

ページ上部へ