肩こりの知恵袋TOP »  肩こりの治療 »  マッサージ

代替医療 情報一覧
カイロプラテクティック
 » マッサージ
鍼灸
整体
オステオパシー

マッサージ

□血行を良くするマッサージで、肩こり解消

マッサージとは?

マッサージの基本は求心性日本では日本伝統の按摩(あんま)やフランスで生まれたマッサージも、便宜的にマッサージと呼んでいるようです。

しかし詳しくみると、マッサージや按摩には、それぞれ目的や狙いに違いがあります。
マッサージは、フランスで生まれて体系づけられました。求心性(体の抹消から心臓方向)に行われ、心臓に向けて腫れやむくみなどを戻そうと、擦り上げる治療です。
按摩や指圧は、遠心性に行なわれます。体の内側から末梢へともみ、押し下げる治療です。

どちらにしても、強ばった筋肉をもみほどき、神経や筋肉、血管の収縮を解消して、肩こりなどによる痛みを和らげることができます。滞っていた血行が良くなり、こりもほぐれ、非常に気持ちの良い治療です。

【自宅でできるマッサージ】

肩こりマッサージは家庭でもできますが、注意してほしいことがあります。肩こりマッサージを自宅で行なうときの注意とポイントを別ページで紹介しています。
自宅で出来るマッサージはこちら

自己流マッサージの落とし穴、もみ返し現象!

もみ返し現象マッサージは強ばった筋肉をやわらげ、肩こりによる痛みを和らげることができます。ただし、正しい方法でマッサージを行なわないと、逆に筋肉を痛めてしまうことがあります。
マッサージを受けた翌日などに、だるさや痛み、筋肉の張りを感じ、マッサージを受ける前より大変な状態になってしまうことがあります。これをマッサージの「もみ返し」「リバウンド」などと呼んでいます。

もみ返しは、体全体をもみほぐすことをしないで、コリを感じた部分だけをマッサージする「一点集中型」のマッサージをしたときや、筋肉の組織に対して必要以上の強い力を与えたとき、硬くなった筋肉を無理にもみほぐそうとしたときに、一時的に筋組織が炎症をおこしてあらわれます。
プロのマッサージは、全体をもみ、神経や筋肉をやわらげて、血流が全身にまわるように行なわれます。
自分でマッサージを行なうときは、なるべく広い範囲を、強すぎないマッサージを心がけましょう。

マッサージを受けるときの注意点

次のような場合は、マッサージをやめるか、受ける前に施術者に相談しましょう

 

ページ上部へ