肩こりの知恵袋TOP »  肩こりの原因 »  内臓の病気

病気が原因の肩こり 情報一覧
心の病気(ストレス)
歯の病気
 » 内臓の病気
背骨・関節の病気

内臓の病気

□原因その3 「内臓の病気」

内臓の病気の自覚症状のひとつとして、肩こりを発症するケースもあります。重大な病気が隠れている場合もありますので、心配なときは病院へ行きましょう。

 

肩こりは、「重大な病気のサイン」というケースもある

肩こりが重大な病気のサイン病気があって、その症状のひとつとして肩こりがあらわれることもあります。
重大な病気が原因となっているケースもありますので、「たかが肩こり」「たいしたことはない」と甘くみるのは禁物。
特に、内臓に病気がある場合は、肩こり以外にも頭痛・めまい・耳鳴り・動悸・背中の痛みなどを伴います。

ただの肩こり? 内臓の病気からくる肩こり? その見分け方は

自分の肩こりが単なる肩こりであるかどうかを見分ける方法は、次のようなポイントです。

【揉んで楽になる肩こりは、心配なし】

「もんでもらったら、楽になった」「体操をしたら、軽くなった」。こんな肩こりは、単なる肩こりだと考えていいでしょう。入浴して肩や首をあたためたり、マッサージ指圧などの民間療法で治療しても良いでしょう。

【揉んでもこりがとれないときは、受診を】

「揉んでも肩のこりや痛みがとれない」「だんだん肩こりがひどくなる」「今までと違う肩こりを感じる」「片方の肩だけがこる」「いつまでも肩こりが治らない」「薬を飲んでもよくならない」「ゆっくりと温泉につかっても肩こりが治らない」…。そんな場合は、専門医に診てもらいその原因となっている病気を探すことが大切です。
以下のような症状がいくつかあるときは、内科を受診しましょう。

肩こりの他に次のような症状がある時は、医師に相談を

次の症状がある場合医師にご相談を

肩こりを伴う、内臓の病気とは?

狭心症、心筋梗塞、肺がん、糖尿病、高血圧、低血圧、貧血、胃炎、胃潰瘍など内臓系の病気を患っていると、その病気が原因で肩こりをおこすことがあります。
その一部の病気について、症状を下にまとめてみました。肩こりを伴う内臓の病気

心臓病は、左胸から左肩などに痛み

肩への関連痛でよく知られているのは、心臓病です。とくに狭心症や心筋梗塞では、左胸から左肩へかけて激しい胸痛発作を伴います。発作がない場合も、左肩の周辺に痛みが出ることもあります。

肝臓障害は、右肩から肩甲骨に痛み

右肩やその周辺が痛んだり、こる場合は、肝臓や胆嚢の病気の疑いがあります。肝臓に障害があると、肝臓の上にある横隔膜が刺激され、肩の動きが悪くなるためです。横隔膜周辺の内臓に疾患があるときは、右頚部から肩の後ろのかけて痛みがあります。
また、胆嚢炎や胆石のとき、右上腹部が激しく痛むとともに、右肩から肩甲骨にかけても強く痛みます。

胃腸障害は、肩甲骨の間に痛み

胃の調子が悪くなると、肩甲骨と背骨の間にある筋肉に痛みが出ます。

肺の病気は、肩こりや肩甲骨の間に痛み

肺結核や肋膜炎の初期症状は、首から背中にかけてこりと痛みが出ます。

ページ上部へ