肩こりの知恵袋TOP »  肩こりの原因 »  更年期の女性

病気が原因でない肩こり 情報一覧
体型
姿勢
冷え性
運動不足
下着の締め付け
眼精疲労
筋肉疲労
 » 更年期の女性

更年期の女性

□原因その8 「更年期の女性」

更年期と更年期障害とは?

更年期障害「更年期」とは、女性が閉経を迎える頃で、ホルモンバランスに変化が訪れる時期を指します。一般的には40歳後半から50歳前半に当たり、「更年期障害」といわれるさまざまな症状を伴います。
「更年期障害」とは、卵巣からエストロゲンという女性ホルモンの分泌が減少して、自律神経の働きが乱れる症状です。その症状の程度には個人差があります。

「更年期障害」と肩こり

「更年期障害」と肩こり更年期にはホルモンのバランスが崩れ、いろいろな症状が出やすくなります。
更年期障害の症状は、肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、倦怠感、不眠、手足のしびれ、イライラ、動悸、のぼせ、などさまざまあります。
中でも更年期症状の強い人は、肩こりで悩んでいることが多いようです。

更年期になると女性ホルモンの乱れにより、自律神経の働きが不安定になってきます。これにより、体温調整や血液循環の機能も乱れやすくなり、さまざまな症状が出ます。肩こりもその症状のひとつで、血液循環がうまくいかないことで、筋肉に疲れがたまってしまい、肩こりをおこすと考えられています。

更年期はまた、精神的にも不安定になる傾向があり、クヨクヨと思い悩むことも多くなります。こうした精神的条件が重なって、肩こりの痛みに悩む人が増える時期なのです。

「骨粗しょう症」と肩こり

また、更年期を過ぎたころから目立ってくるのが骨の老化です。
更年期を迎える時期になると、骨中のカルシウムの流出を抑制する「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が減少します。これにより、骨中のカルシウムがどんどん流出してしまい、骨がもろくなって骨折しやすくなります。
この状態がひどくなると、「す」の入った大根のように骨がスカスカになります。これが「骨粗しょう症」とよばれる病気です。
骨粗しょう症になると、骨が折れやすくなるばかりか、背骨の椎骨が体の重みでつぶれてきます。これにより腰痛や肩こりになるケースも多くあります。

「女性特有の他の病気」と肩こり

肩こりは、女性特有の病気が原因でおこることがあります。
以下が、肩こりをおこすといわれる病名です。肩こり以外に気になる症状を伴う場合は、病院へ行きましょう。

 

ページ上部へ