肩こりの知恵袋TOP »  肩こりの原因 »  冷え性

病気が原因でない肩こり 情報一覧
体型
姿勢
 » 冷え性
運動不足
下着の締め付け
眼精疲労
筋肉疲労
更年期の女性

冷え性

□原因その3 「冷え性」(寒さ)

女性に多いのが冷え性による肩こりです。冷えは、コリの大敵といわれています。

冷えは血流を悪くして、肩こりをひきおこす

身体が冷えると、身体を縮めたり首をすくめたり、身体が緊張した状態が長く続きます。こうした状態は、血液の循環を悪くさせるために、筋肉にたまった疲労物質がなかなか排出されません。
筋肉に血液が循環されにくくなると、筋肉に老廃物がたまり、頑固な肩こりになります。
このように体の冷えは、血行不良になりやすく、肩こりの原因になります。

冬の寒さ、夏の冷房には、冷え対策を

夏の冷房が肩こりの原因に冷え性はもちろん、冬の寒い時などは体が冷えて肩に力が入りやすくなり、筋肉が緊張して血液の流れが悪くなります。
夏場でもクーラーの効いた部屋にいると、体を冷やして血液の流れが悪くなります。冷房が体を直撃するのは肩こりには良くありません。
室温の設定には気を配りましょう。またできる限り、衣類で冷え対策を試みましょう。特に首筋、肩、背中に冷風が当たると、筋肉が硬くなり、肩こりが悪化してしまいます。保温性のある服を着たり、体を適度に動かすなどして、血流の促進を心がけましょう。

冷え性改善の工夫

冷え性は、自分の心がけ次第で改善できます。次のようなポイントを工夫してみましょう。

衣服の工夫

夏も冬も衣服はゆったり、手足は温かくするように心がけましょう。
冷えを感じるようになったら、その部分を温かくすることが一番の対処法です。また、衣服は体をしめつけないゆったりタイプの着衣を重ね着して、温度の変化には脱ぎ着して調節できるようにしましょう。

体を温めるお風呂の入り方

足湯で体を温める「ちょっとぬるめかな?」と感じるくらいの、40℃前後のお湯の温度が適温です。
足先のひどい冷えには足湯も効果的です。足湯などの部分浴をするときは、やや熱いお湯(42℃~43℃)がいいでしょう。深いバケツなどにお湯を入れて、5~6分足だけつける方法です。

食生活の面の工夫

生野菜や果物などは、体を冷やしてしまうので冷え性には逆効果です。野菜は、煮たり茹でたりした温かいものを食べるようにしましょう。生野菜サラダより温野菜サラダや煮物を、野菜ジュースより野菜スープがおすすめです。
また、甘いものには身体を冷やす効果があります。摂りすぎには注意しましょう。

ページ上部へ