肩こりの知恵袋TOP »  肩こりの原因 »  姿勢

病気が原因でない肩こり 情報一覧
体型
 » 姿勢
冷え性
運動不足
下着の締め付け
眼精疲労
筋肉疲労
更年期の女性

姿勢

□原因その2 「姿勢」

肩こりをおこす原因の中で、最も多いのが悪い姿勢です。姿勢の良い人には、肩こりは少ないものです。
悪い姿勢とはどんなものなのでしょう。

肩こりの元凶! 悪い姿勢とは?

自然なS字カーブ身体的にみてもっとも良い姿勢とは、背筋が伸び、背骨が「生理的弯曲」といわれる自然なS字カーブを描いている状態をいいます。良い姿勢のときは、体の前の筋肉と背中の筋肉がバランスを保ち、引っ張り合うように筋肉は使われています。

しかしいったん姿勢が悪くなると、この筋肉のバランスが崩れてしまい、肩周辺の筋肉に必要以上に負荷がかかり、コリと痛みが始まります。

たとえば、顎を突き出したような姿勢を長時間行なうと、頭部の重さを頸部の後面筋で支える状態になり、首の筋肉の緊張を招くことになります。筋肉が緊張したり緩んだりすることで血液は循環しますが、このポンプ役の筋肉が緊張し続ければ、血液循環が滞り、筋肉に乳酸などの老廃物が蓄積されてしまうのです。そして肩こりになってしまいます。
このように悪い姿勢は、そのひずみとして筋肉疲労を増やし、肩こりを引きおこしてしまうのです。

肩こりを引きおこす、日常の姿勢と動作

日常生活の中で何気なく行なっている姿勢や行動の中に、肩こりを引きおこしている原因が潜んでいるかもしれません。
長時間のデスクワークパソコン作業などの姿勢は、頭を前に出したスタイルになりがちです。
また、睡眠中の姿勢にも注意したいものです。

身についてしまったクセは直しにくいものですが、気が付いたら直す習慣をつけましょう。
以下のような姿勢・行動は、肩こりを引きおこしていきます。要注意です。

正しい姿勢

【注意したい姿勢と行動】

正しい姿勢とは、肩こりを防ぐための基本
姿勢や行動を見直して、肩こりの解消・予防対策としていきましょう。

ページ上部へ