肩こりの知恵袋TOP »  肩こりの解消 »  ストレッチ

ストレッチ

□肩こりストレッチ

筋肉の緊張を解き放つ「肩こりストレッチ」

ストレッチとは、筋肉の緊張を解くための、効果的な伸びのこと。「肩が疲れたかな」「こったかな」と感じたら、気軽に肩こりストレッチをしてみましょう。肩こりの解消に効果を発揮します。
毎日の日課として、仕事の休憩時間や家事の合間に取り入れれば、肩こりの解消・予防だけでなく、リフレッシュにも役立ちます。無理をせずに、気持ちのいい程度に行ないましょう。

肩こりストレッチのポイント

力を込めて無理にストレッチをしようとすると、筋肉が逆に疲労してしまいます。また、呼吸を止めて行なうと、心臓に負担がかかるだけでなく、筋肉が緩みません。動きの途中で息を止めないようにしましょう。呼吸はゆっくりと深く、規則正しく行なうことが大事です。
また、体が冷えているときに行なうと、筋肉を痛めてしまうこともあります。入浴後などの体があたたまったときに行なうのがベストです。

肩こりストレッチのコツ

ストレッチを行なうときの注意点

【次のような場合、ストレッチは避け、医師の指示に従いましょう。】

*ここで紹介している肩こりストレッチは、すべての方に適切なものとは限りません。自己責任のうえで行ってください。

実践! 肩こりストレッチ

先の注意事項をよく読み、無理をしないで、さっそくトライしましょう。

「首のストレッチ」

どのストレッチも、筋肉を伸ばせるところまで伸ばしていきます。深く呼吸をしながら、20~30秒間姿勢を保つようにしましょう。

首を前に倒す【1】後頭部に手のひらをのせ、押しながら、頭部を前に倒していきます。

首を後ろに倒す【2】顎の下を指先で押し、後ろに倒していきます。

首を左に回転【3】頭部の左側に右手を掛け、右手で頭部を右側に倒します。

首を右に回転【4】頭部の右側に左手を掛け、左手で頭部を左側に倒します。

首を左に倒す【5】左手で左頬を押し、首を右に回します。

首を右に倒す【6】右手で右頬を押し、首を左に回します。

肩のストレッチ

両手を合わせて伸ばす【1】両手をあわせて上へ押し上げるようにします。後ろに押すようにすると効果的。

肘を曲げる【2】片手を肩の位置まであげてひじを曲げ、反対の手でひじを体側に引っぱります。反対側も行ないます。

肘を反対側に引っ張る【3】両手を上にあげ、片方のひじを曲げ、反対の手でひじを反対側へ引っぱります。
手を組みかえて反対側もストレッチを行ないます。

首を前に倒す【4】両手を組んで手のひらをぐるりと外側に向け、水平に前へ押し出しながら、背中をまるめます。

首を前に倒す【5】両手を後ろに組み、ひじを曲げずにそのまま上へとあげていきます。できる範囲で行ないます。

ページ上部へ