肩こりの知恵袋TOP »  肩こりの解消 »  お灸

お灸

□お灸

家庭でカンタンに「お灸」をすえて、肩こり解消

鍼灸お灸は、体のつぼ(ツボ)温熱刺激を与えることで、人の持つ自然治癒力を高める治療法です。東洋医学のひとつで、血の流れを調整する医術として古くから親しまれています。
お灸をすえると、血流が良くなるために、肩こりにも効果があります。

お灸の効果

お灸の効果には、主に次のようなことがあげられます。

痕が残る「有痕灸」と、痕が残らない「無痕灸」

無痕灸お灸の方法は、体にあるつぼ(ツボ)の上でもぐさを燃やすという方法です。
お灸の痕が残るのでは? と思いがちですが、お灸にはお灸の痕が残る「有痕灸」と、痕が残らない「無痕灸」があります。

無痕灸は、もぐさと皮膚の間に介在物を置くか、一定の空間を保って行なうために、皮膚に痕が残りません。
この無痕灸には、ショウガ灸・塩灸・ガーゼ灸などの種類があります。

血流が良くなるお灸は、冷え性の方に効果的!

患部にお灸をすえると、身体が温まるために血流が良くなり、気のめぐりと老廃物の循環がスムースになります。その結果、筋肉の痛みやこりが改善されていきます。
特にお灸が効くのは、冷え性の方の症状といわれています。冷えからくる肩こり解消には、期待できそうです。体温の高い人は、お灸をしても効果が期待できないこともあるようです。
また、お灸をすると血圧が上がるので、低血圧の方の肩こりにも適しています。

はじめてお灸をするなら、専門家に

お灸をする際に、鍼灸院などに行けば、から正しくつぼ(ツボ)お灸をしてもらえます。鍼灸師は、はり師ときゅう師の2つの国家資格を持つ専門家です。

鍼灸師に相談つぼ(ツボ)の位置というのは、本を片手に自分で探しても、なかなかピタリと探し当てられません。「つぼ(ツボ)はここでいいの?」「お灸をはずすタイミングは?」と、慣れないうちは迷ってしまいがちです。
まず初めは、専門家にお願いしてみることをおすすめします。肩こりに効果的なつぼ(ツボ)の位置や施灸方法がわかれば、自分でも安心して行うことができるでしょう。

自分でお灸をしてみよう!お灸のポイント&注意点は

間接灸自分で初めてお灸を試す人は、薬局などで市販されているが使いやすいのでおすすめです。肩こりの症状を改善するためにも、まずはお灸をすえる正しいつぼ(ツボ)を理解しておきましょう。また、お灸を避けた方がいい人もいます。次のような方は、お灸を避けましょう。

次の人は使用できません
次の部位には使用しないようにしましょう
こんなときは、お灸をやめましょう
お灸時の注意点
肩のつぼ(ツボ)

お灸をすえます。肩のつぼ(ツボ)を覚えておきましょう。

お灸での肩のツボ

【肩井(けんせい)】

肩の中央、乳首の垂直線上にあるツボです

【曲垣(きょくえん)】

肩甲骨の内側の一番上の端にあるツボです

【肩ぐう(けんぐう)】

肩の先端で、腕を水平にあげるとできるくぼみの真ん中にあるツボです

【膏盲(こうこう)】

肩甲骨の内側の真ん中あたりにあるツボです

ページ上部へ