肩こりの知恵袋TOP »  肩こりの解消 »  睡眠

睡眠

□睡眠

【自分に合った寝具を選んで、肩こり解消!】

1日の疲れを取ってリラックスできるはずの就寝時。首や肩のこりが続くとき、就寝に使用する寝具を換えた途端、良くなることがあります。眠るときの姿勢を作り出す寝具が、肩こりの原因になっている場合があるのです。
体を支える枕や布団が自分の体に合わないと、体が正しい姿勢を維持できず、寝違えなどもおこしやすくなります。ここでは自分にあった「寝具」の選び方「眠る姿勢」について紹介します。

1 枕は、首の骨のカーブが安定するものを

枕で一番大切なのは、枕が「首の骨が描くカーブに合っているか」ということです。
つまり、自分の頚椎が安定する枕を選ぶことが大事です。そのためには枕の高さが問題になります。

肩こりと枕人の首の骨(頸椎)は自然なカーブを描いています。このカーブに合う枕が良い枕なのですが、頸椎のカーブは人によって違いがあるので、自分に合う高さの枕を選ぶことが大事です。

また、枕の中の材質にも注意しましょう。寝返りを打ったとき、枕の中身にかたよりが出ると、首を支えられなくなります。フワフワの枕や、高すぎる枕は良くありません。枕の材質は、やや硬めのものを選ぶと良いでしょう。

<首・肩に良い枕の条件>
<NG枕は、こんな枕>

2 寝具は、体の沈み込みが浅い「やや硬め」を

首から骨盤まで連なる背骨の一部に負担がかかると、背骨全体に影響が及んでいきます。やわらかすぎる布団ではお尻が沈み込んで腰のそりが大きくなり、硬すぎる布団では腰が浮き上がってしまうので、首や肩に負担がかかってしまいます。
布団は、仰向けに寝たとき、体の沈み込みが3センチほどになる、やや硬めの布団を選ぶといいでしょう。
また、肩や首を冷やすと肩こりがひどくなります。寒冷期には、肩や首を冷やさないように工夫して寝ると良いでしょう。

3 眠る姿勢も大事!うつぶせ寝は注意

うつぶせ寝は注意快適な寝具の用意ができたら、正しい姿勢で眠ることについて考えましょう。
注意しなければならないのは、「うつぶせで寝る」習慣のある人です。
うつぶせ寝は、腰付近の背骨が極端に反り返っている状態です。また、顔を左右どちらかに向けることになるので、首に大きな負担をかけてしまいます。
首から腰を傷めない眠りの基本姿勢は、あお向けでひざを軽く曲げ、ひざの後ろと布団の間に座布団などをはさむ姿勢です。
横向きで眠る場合は、やや高めの枕を使いましょう。そして横向きで寝て、ももの付け根を軽く曲げた上体が良い姿勢です。

ページ上部へ