肩こりの知恵袋TOP »  肩こりと腰痛 »  温湿布と冷湿布の違い

温湿布と冷湿布の違い

■腰痛の解消法

日常生活で腰痛解消・予防する方法があります。湿布を使う方法はそのひとつです。湿布はその特徴を知ることで、より効果的な使用法がみえてきます。ここでは、温湿布と冷湿布の違いについて紹介します。

□温湿布と冷湿布の違いを知って、腰痛解消

腰痛の解消法として、湿布を使う人はとても多いようです。手軽に薬局で買うことのできる湿布には、「温湿布」「冷湿布」があります。その違いを知っておくと、いざというとき役立ちます。

「温湿布」と「冷湿布」の目的・成分の違い

湿布を使い分けようどちらの湿布も、同じ消炎鎮痛剤を用いているので、薬としての効果は同じです。
ただし、「温湿布」には温かさを感じるトウガラシ成分のカプサイシンやノニル酸ワニリルアミドなどの成分が配合されています。
一方、「冷湿布」には冷たさを感じるメントールやカンフルなどが配合されており、皮膚の感覚に違いを出しています。
温湿布には主に血行を促進する狙いがあり、冷湿布には主に炎症などを抑える目的があります。

冷湿布

冷湿布主に炎症・痛みの抑制を狙った湿布。筋肉痛や肩こりなど、急性の痛みの緩和に効果的。抗炎症効果(炎症物質生成の阻止)や鎮痛効果などが得られる。
カンフルやメントール、ハッカ油などが配合されている。

 

温湿布

温湿布主に血行の改善を狙った湿布。肩のこり、腰痛など慢性的な痛みに効果的。血液循環の改善,および新陳代謝促進をもたらし、関節・筋肉の鎮痛効果が得られる。トウガラシエキス、ノニル酸ワニリルアミド(合成トウガラシ)、ニコチン酸エステルなどの温感刺激剤が配合されている。

使い分けよう!慢性の腰痛には「温湿布」・急性の腰痛には「冷湿布」

一般的な痛みに対しては、冷感と温感の「どちらが気持ちよいか」で使い分けるのがよいといわれています。
ただし腰痛の場合は、その対処法を間違えると回復が長引いてしまうこともあります。注意して湿布を選びましょう。
慢性的な腰痛には「温湿布」、急激におこった腰痛には「冷湿布」を使うということが鉄則です。
どちらも、長時間の貼りっぱなしは、皮膚に負担をかけますので避けましょう。

ページ上部へ