肩こりの知恵袋TOP »  肩こりと腰痛 »  正しいマッサージ

正しいマッサージ

■腰痛の解消法

腰痛の症状や程度は、人によってさまざまです。日常生活に取り入れて腰痛を解消・予防する、6つの方法を紹介します。ここでは、「腰痛マッサージ」について解説します。

□方法2:自宅でできる腰痛マッサージ

マッサージは、筋肉の緊張を緩めて血行を良くし、痛みやこりを和らげます。慢性化した腰痛や腰の痛みがつらいときには、マッサージをして筋肉をほぐすと、とても効果があります。

マッサージを避けたい人

ぎっくり腰にマッサージは禁止マッサージが適さないケースもありますので、注意しましょう。

マッサージが適さない人

これらの場合は、マッサージが逆効果となります。マッサージを避け、病院で診察を受けましょう。

マッサージの基本テクニック

マッサージの基本は「なでる」「もむ」「圧す」「叩く」という手の4つの運動です。
マッサージはこの運動を組み合わせ、つぼや筋肉をマッサージして、筋肉や神経をリラックスさせていきます。

  1. なでる
    ツボに手をピタリとつけ、なでます。手のひら全体でなでる、親指以外の4本の指でなでる、などの方法があります。
  2. もむ
    ツボに手を密着させて、もみます。4本の指を重ねて回しもむ、手のひらの付け根で回しもむ、親指の腹で回しもむ、両手を重ねてさするようにもむ、片手または両手でしぼったり、こねたりするようにもむ、両手を重ねて船の櫓をこぐようにもむ、などの方法があります。
  3. 圧す
    ツボに親指の腹をあてて圧を加えます。
  4. 叩く
    軽くこぶしをつくって叩く、両手を合掌するように合わせて叩く、両手を軽くにぎり合わせて叩くなどの方法があります。背中、腰、おしり、足の治療のときはマッサージを受ける人はうつぶせになり、おなかの治療のときはあおむけになります。マッサージをする人は、その横に立てひざで座ります。

「なでる」「もむ」は、全体に重い感じの痛みに適しています。また「圧す」は、くり返し起こる腰痛で、1ヵ所に強い痛みがある場合に適しています。

正しい腰のマッサージ法

体の表面にピタリと手を密着させて、3~5kgの圧を常に一定にかけるようにします。リズミカルに行うことも大切です。
また、強くもみすぎると、痛みのためにかえって筋肉が緊張するので、気持ち良いと感じる程度に行ってください。
腰痛の場合は、ツボのある腰と背中の間、おしりを手のひらで押したりさすったりしてマッサージをすると、血行も良くなり、老廃物を排出して腰痛の予防効果がアップします。

腰痛に効果的な主なツボ

ページ上部へ